びーやんのブログ

新卒外資系マーケターのブログ、学生時代に営業インターンをしていたせいで、口調が営業マンになってしまいがち...

内定後インターンシップ 〜半年間働いた感想〜

お疲れ様です、

 

びーのブログにようこそです。

 

時が経つのは早いもので、つい先日インターン先の最終出勤日を迎えました。

この半年間色々とありましたが (お客様からの叱責、社内での圧倒的いじられキャラ、社員さんからの激励などなど笑)  Beがこれまで学生として経験したものとは全く異質のものであることには間違いありません。 

ということで今回は、半年間のインターンシップの感想を書いていきます。

 

f:id:Be-something:20190324184011j:plain

半年間働いた営業インターンシップの感想


もともと4回生の残りの楽しい半年間を、営業インターンシップに費やしたのは以下の3つの理由からです。

 

1.社会を少しでも理解するため

 

2.コミュ障強制矯正

 

3.都会に憧れて 

  

上記の3つについては以前のブログで詳しく述べておりますので、そちらも参照して頂けたら幸いです。

be-something.hatenablog.com

 

それでは上記の3つについてレビューしていきます。

 

1.社会を少しでも理解するため

この社会というワードは、営業の社会という意味で捉えると、ある程度営業とは何なのかなは自分なりに見いだすことはできました。それはもちろん実際に営業をなさっている方々とのご商談の中で見出した結果です。

営業とは

相手の課題を解決するために行動すること

です。

自社サービスが相手にとってお役立ていただけないなと感じれば絶対にオススメしませんし、競合他社のサービスの方が良いなと感じれば、迷わず他社様のサービスをご紹介します。相手に喜んでもらえれば、絶対に自分に違う形でかえってきますからね。長期的な視点で考えることが重要です。

 

2.コミュ障強制矯正 

2点目のコミュ障矯正矯正が達成されたかは、正直わかりません涙 

営業の電話をかけ、営業先の方とスラスラおしゃべりすることは全く億劫ではなくなりましたが、そのスキルを得たからといって友達が倍増したわけではありませんし、彼女ができるというわけでもありませんし... 

ただ、初対面の人とオドオドせずに喋れるようになったことは言えるかもしれません!

なぜ言い切れの形で書けないのかと言いますと、何だか喋っていると営業の喋り方になってしまうんですよね笑 

ooということなんですね...

あっ

そういうことなんや〜^^;

 

と言いなおすこともしょっちゅうあります。これはいけませんよね。

あくまでも自然に自然に... これからも相手の話を聞くヒアリングベースで話を展開していけるように頑張りますね... 

 

3.都会に憧れて 

これ実はBeが密かに期待していたことです笑 そして半年間京都市内まで通ってみると、

 

京都はほんまにええとこやなぁ... 

 

ということがほんまによく分かりました。

街並みは綺麗やし(ほんまに碁盤の形です)、ご飯食べるところはいっぱいあるし、呑み屋もいっぱいあるし、交通網も発達しています。京都のメインストリートを走る市営地下鉄、鴨川沿いを走る京阪電車、御池通を東西に走る東西線、そしてさらに地上に上がると、そこら中にバスとタクシーが走ってます。最強です。Beが住んでいる田舎にはないものばかりでした笑 

 

最後に

学生では経験できない社会経験ができるインターンシップ、学生の皆さん一度挑戦してみてはいかがでしょうか? オススメです!仕事帰りに社員さんと呑みに行くと色々な話(武勇伝)が聞けて楽しいです。アドバイスも社員さんならではの具体的なものですし。 

 

ではお疲れ様でした。

 

失礼致します。 

 

長期インターンシップに挑戦してみたいという方は以下に主なインターンサイトのURLを載せてみましたので、興味のあるサイトに登録してみてください。貴方にあったインターン先が見つかることを祈っております。

 

<参考URL>

ゼロワンインターン(オススメ!)

01intern.com

 

JEEK(ジーク)

jeek.jp

 

WANTEDLY 

www.wantedly.com

 

InfrA

www.in-fra.jp

 

キャリアバイト

careerbaito.com