びーやんのブログ

ゆとり教育をフルに享受してきた、おっとり系スモールリサーチャーのブログ

なぜ若者は焦って資産形成にひた走るのか、ゆとり世代が置かれている状況。

お疲れ様です。

 

びーのブログにようこそです。

  

先日、麻生財務大臣から老後資金として2000万円が必要であるという衝撃的なアナウンスがありました。皆さんにも衝撃が走ったことだと思います。そもそも自分が物心ついた頃からテレビでは、日本の財政は危機的状況であるとか、財政健全化が喫緊の課題とか、消えた年金問題がなんやと報じられていました。ですのでなんだか大変なんだなと漠然と知ってはいたつもりですが、2000万という具体的な数字が提示された時は、急に現実を突きつけられたような気がしました。今回は、これから保険料を何十年と日本国の為に納めていかなければならない立場として感じたことをまとめてみました。

 

 母子家庭、格差社会、奨学金破綻、少子高齢化、年金破綻、年金機構の情報流出、消えた年金、老老介護、日本の借金はGDPの2倍でやばい、引きこもり、年金未納、医療負担高騰などこれらの問題は自分たちの世代が物心ついた頃から日々テレビのニュースで放送されていた内容です。つまり自分が小さい頃からこの国はやばいということを植え付けられてきたわけです。ではどうすればこれらの問題を解決することができるのかについては、国の偉い人がやんごとなき解決方法を見出してくれるだろうと漠然と考えていました。完全に人任せの楽観主義です。ちなみに悲観主義者も具体的な行動はとりません。

 

自分は漠然と将来に対して不安を覚えたので、何か手軽なところから始められることはないかと始めたのが、つみたてnisaです。大きく儲かってもいないし大きく損もしていないが、ちょっと心に余裕が持てる、何かしている感があって安心できる。そんなチキンな資産運用です。

f:id:Be-something:20190329191254j:plain

大学4年生でつみたてnisaを開始した理由

 

そもそも2000万の根拠って?

f:id:Be-something:20190616223259p:plain

産経新聞の記事から引用

これは産経新聞の記事から引用した高齢夫婦の収入・支出のグラフです。なるほど、貰えるお金と出ていくお金の差額が月に-5万円で、30年以上この状況が続くと2000万円足りやんという計算になるわけですね。自分が驚いたのは社会保障給付が19万円も受け取れるということ。これは自分たち世代がもらっている給料の手取りに等しい。まさか老後に今と同じぐらいの額のお金が寝ているだけで貰えるとは思ってもみなかった... いや本当か? これすらも疑わしい状況にある。問題はいつ貰えるかである、日本の年金は破綻しません、絶対に皆さんに支給されます、まあ皆さんが100万歳になったらですけどね。ではあまりにも酷いし、その様な状況の方が容易に想像されてならない。そもそも稼ぎの少ない専業主婦の人が夫の扶養に入り、将来給付が受け取れるというのはとても虫の良い話の様な気がしてならないし、女性の社会進出を推し進める国の政策とは相容れない様な気がする。胡散臭い話を国から聞くたびに虚しくなる。
  

 麻生さんはなぜ金融庁の報告書を受け取らなかったのか?金融庁は誰に謝っているのか?国民に不安を煽ってしまって申し訳なかった、誤解を与えてしまった。そのフレーズが本当に癪に障る。誤解を与えたということは、我々が勘違いをしているということと同義だ、年金だけではやっていけないそんな事は勘違いではない事実として捉えている。そしてもう分かっている、この国の年金はやばめなことは小さい頃から教師が言っていた。どの教師も日本の年金は安心なんだよとわ言っていなかった、言っていたのは日本国民である限りこの制度に強制的に加入させられるということだけだ。年金だけでは必要で文化的な最小限度の生活を営むことはできない可能性があるのは理解している、だからこそ財務省で働いている様な頭の良い人の知恵を貸して欲しい。よく貴方のことを金持ちの坊ちゃんだと批判する人が居るが、そんなことは若い世代は誰も気にしてない、逆に何百兆円というお金を扱う財務省の人間に庶民的な感覚を持つ人間と、自称庶民派を豪語する政治家が集まっていたら、不安で夜も眠れない。

 

 これからどうやって2000 万円もの大金を作らなければならないだろうか?つみたてnisaや確定拠出年金とかいう制度もあるが、この制度だけで大丈夫なのだろうか?将来年金がもらえるか不透明だから未納でいいやとか、海外にお金を避難させようだなんて微塵も考えていない。政府を批判するつもりもないし、この問題を政争のタネにもして欲しくない(無意味なのは目に見えている)正直にいうと若い世代は政治に興味なんて微塵もない、選挙に行っても七三分けのおっちゃんと、派手な色の服を着た女性議員に投票する気にはならない。税金を下げるからその分貯蓄してくださいというのは理にかなっているが、消費税は上げるが貯蓄を増やせというのは矛盾している。そして後者が今の日本の現状だ。具体的な方法、プロセス、それに対する政策を訴えてくれればどんな世代だって納得するし、問題に対して真剣に考える様になる。みんな現状を楽観視したいのだ。しかしもう分かりきっている、国会議員にできる事は少ない、官僚がこの国の制度を操っているし、これまで素晴らしい国を作ってくれたのは優秀な官僚あってのこと。それは分かっているだから余計に選挙に行く意味が見出せない。官僚政治を打破すると豪語して政権の座に就いた与党が何もできずに終わった例を国民は知っている、結局は官僚とうまくやってくれる自民党にしか票は集まらないのだ。年金にばかりに頼らずに自助努力で生活を送る必ず方法はある、どうしてもだめな時は国に頼ろう...ぐらのスタンスでいれたらなと思う。そのためには自分たちが勉強をしてお金とうまく付き合わなければならない。何も知識はないが、これではいけない、頭の良い人にカモられてしまう。それは悔しいからこれから本屋に行って知識を蓄えてみるとする。その努力が将来実を結ぶと信じて。

 

つみたてnisaを始めたきっかけ

金融に関することに触れてみたかった

つみたてnisaを始めたきっかけはズバリ、金融に関する知識を蓄えてみたかったからです。Beは全く大学生時代に金融に関する知識を身につけてきませんでした、もちろん円高だとか円安だとか日経平均がいくらで日本のGDPがどれくらいなのかといった知識はありましたが、自分の言う金融に関する知識とは、自分のポケットにお金を入れる方法のことを指します。これって皆さんも一度は知ってみたいなと色々ググってみたりしたことがあるのではないでしょうか。そして色々と調べて勉強をして、Fxや株式投資(パソコンの画面にしがみついて、短時間で何億円と儲けるようなよくドラマでやってるやつです)に飛びついて大損をするんですよね。私も仮想通貨などに手を出そうと思っていましたが勇気がなくてやめました。でも怖いから何もやらないのは違うのではないかと、さらに調べたところつみたてnisaを発見して挑戦してみた次第です。

参考URL:楽天証券 つみたてnisa

 

不景気時代を漠然と知っている世代に生まれたから

2008年に未曾有の不景気が日本経済を直撃し...と言うニュースが連日テレビで放送され、多くの人が職を失うのを見てきました。自分の両親も苦しい思いをしていたんだろうなと子供ながらに思っていたのを、今でも鮮明に覚えています。 

歴史の教科書でも世界中の人々が不景気によって職を失い不安定な生活で明日の生活に困っている様子も印象に残っていますし、なんとなく明日はわが身なんじゃないのか?と思うようにもなっていました。

そしてこれはリーマンショックとは関係ないのですが、自分が勤め人の身分がいかに不安定なのかを知る出来事が起こります。それは、自分が通っていた予備校が経営難に陥り、多くの予備校講師がクビになると言う事件でした。これは本当にショックで、目の前の尊敬してやまない講師陣たちが来年から仕事がないと言う状況に、唖然としてしました。その講師陣の中には新婚で、第一子が生まれる直前の先生もいらっしゃいました。もし自分が逆の立場なら... 予備校生ながらに震えてしましましたし、身近なところで社会の厳しさに直面してしまいました。

 

自分の労働力を売って給料としてお金にするのが怖かった

昨今、転職市場が賑わいを見せています、そして求人の中には高給、高待遇をアピールする広告が多いです。ですがBeは思うのです、こんな給料をもらうにはどれだけ働かなければならないのだろうか?そして、残業しまくった後に呑み屋街で仕事の愚痴で盛り上がる大人たちみたいには自分はなってしまうのだろうか?と

これは絶対に嫌です。

給料は気にしない代わりに、残業が少なくて、たくさん休みをくれる会社が良い。と言う風潮に苦言を呈する大人たちがたくさんいらっしゃいますが、僕たち世代は思うのです、一生懸命働いてクタクタになって、ストレス発散のために居酒屋で安い酒と安いおつまみを注文して愚痴を撒き散らす大人たちは果たして幸せなんだろうか? 

チューハイのストロング0は誰のために製造されているのだろうか?と

 

結局勤め人としてだけでは、永遠に自分が納得できる生活を得ることはできないのでないのかと悟り世代として文字通り悟ってしまいました。

 

これからの展望

まず、3年はコツコツと積立まして、約120万円投資してみたいと思います。それでリターンがどれくらいになるのかをみて、そこから資産をどこに割り振るのかを考えていければと思っています。3年後自分が納得できる判断ができるように、すでに少しずつではありますが、資産運用に関して勉強しています。

 

さて、我々世代は経済的に恵まれる社会人になるのでしょうか?これからに期待したいと思います。

 

では、こちらで失礼いたします。

 

お疲れ様でした。

 

<参考URL>

www8.cao.go.jp

インターンシップ、面接現場のリアル

 お疲れ様です。

 

びーのブログにようこそです。 

 

ところで、学生インターンの面接って何を聞かれるの?と皆さん疑問に思いませんか?

私はすごく疑問に思っていたので、当時の面接を振り返りつつ、マネージャー(当時面接官)の方にも実際の面接で注目するポイントを聞いてみました。インターンシップに挑戦しようと思っている方々のお役に立てれば幸いです。

  

f:id:Be-something:20190326141107p:plain

長期インターンシップの面接では何を聞かれるのでしょうか? 

 

主に質問するのは3つ 

 

1.動機は?

2.学生時代頑張ったことは?(いわゆるガクチカ)

3.週何時間入れる? 

 

そして重視するものはただ1つ

 

・ハキハキ自信を持って喋れているか!?

 

とのこと。

 

なるほど...ということは聞く質問は毎回決まったようなものしか聞かないので、

どこで合否を判定しているのか、それはその人の喋り方ということです。

 

喋り方、伝えようとする姿を見ればその人がこれから成長し、

戦力になる人間かがわかるとのこと... 大人って恐ろしいですね💦

 

(もちろん学生を受け入れる会社としても、どれだけ長くても2-3年しか働かない人材だと分かって面接しているので、どれくらい勤務できるかは当然重視するようです... )

 

さて、実際に面接は嫌という程受けてきたので、(皆さんも場数を踏むことで面接慣れすることをお勧めします汗) 

さすがに面接慣れはしておりましたので、喋り方には問題はなかったようです。

 

 

最後に何か一言を言う時間があったのですが、そこでは

 

営業を通じて社会を知りたいと思いました! と

千と千尋の神隠しのちひろちゃん並に必死さも伝えました。

 

営業を通じて社会を知りたいと思いました! ”ここで働かせてください!”

 

と.... 

 

面接官の方も若干苦笑いしていたような気がします。

この必死さもあってか、面接は通過筆記試験へと進むことに相成りました。

 

f:id:Be-something:20190329022104j:plain

筆記試験合格に合格するために...

 

 さて、なんとか無事1次面接を突破したわけですが、その後の筆記試験は本当に鬼のような課題が課されました。

 

 再度、京都市内にあるオフィスに赴き、そこで現マネージャーに言われたのは

 

 

はい!

これ!

2週間で完璧に読んできてね!!!

 

 

のひとこと...

 

と渡された紙には謎のURLが添付されていて、その時から何やら嫌な予感がしておりました。

 

ちなみに面接を受ける前から筆記試験は決まっていたとのことでしたが、自分はそんなことすっかり忘れておりました。(悪い意味で楽観主義なんだと思います。)

 

そんなこんなで帰りの電車でそのURLをスマホで開いてみるとそこには謎のDropboxの添付ファイルが... 

 

恐る恐る中身を見てみると。。。

 

 

48冊分のセールスとマーケティング本がpdf形式で敷き詰められておりました笑 

 

 

 

思わず、橿原神宮前行きの急行電車の中で

 え!え... ん? あっ...

 

となんとも言えない音が喉の奥から力なく出てきました。

 

おそらく桃山御陵前駅を出発して、宇治川を超えたあたりのことだと思います。

 

その後電車に揺られながら、大久保あたりで正気を取り戻した僕は

 

さて限られた時間でどうすかね?と

 

諦めるわけにはいかんな... なんとかせなということで

 

その48冊分のpdf をチラチラと眺め始めました。

 

今まで読んだことのないような大人な本に戸惑いながら、知らない単語が出てきたらその都度google先生に聞くという生活が始まりました。

 

はっきり言って地獄です。。。

 

SFAやMA、インサイドセールス、フィールドセールス、テレアポ、デジタルマーケティング、ファネル、有効リード、ナーチャリングなどなど、知らない単語が盛りだくさんで一冊を読むのに1日はかかりました。途中でこれ英語の教科書の方が簡単やなと感じることもありましたが、慣れとは本当に怖いもので、10冊ぐらい読んだところである法則を見つけました、

 

それは。。。

 どの本も大概同じこと言うてる

 

と言うことです。その法則を見つけた自分はセールスとマーケティングの読みやすそうな本を3冊づつピックアップして、その6冊をほぼ完璧に覚えると言う方法に手を染めました笑

 

法則を見つけ、試験に挑んだ結果は如何に!? 

 

採用連絡

 

さて、筆記試験が終わり、光栄なことにその日の夜に現マネージャーの方から以下のメールが送られてきました。

 

面接試験にご足労くださいましてありがとうございました。

さて、選考の結果、ぜひ弊社にお力添えをいただきたく、
インターンとして採用させていただきますことを改めましてご連絡申し上げます。

インターン入社にあたってのご案内を近いうちにお送り致しますので、それまでもう少々お待ちくださいませ。
(お待ちいただく間、3次選考時の課題図書を読み直して勉強を進めていただきますと幸いです。)

では、今後とも何卒よろしくお願いいたします。

 

このメールを受け取った瞬間、よっしゃー!!!

 

と心の中で叫びましたね笑 これでコミュ障強制矯正への道が拓けたぞ!!!

 

と言う感じで初出勤までワクワクでした笑 

 

もちろん課題図書を読み返すということはせずに、営業って何するんやろ?どんな経験ができるんかな? 今まで社会に出ずにヌクヌクと大学生やってきた自分なんかに務まるんかなと時より不安になったりもしましたが、やはり他の優秀な学生さんたちと一緒に働けることに、すごく胸を躍らせていたのを今でも鮮明に覚えております。 

 

小話(おまけ)

筆記試験

採用後に同じ筆記試験を受けたビジネスインターンの方に、筆記試験のことを伺うと、

僕と同じように48冊の内、数冊しか読んでいなかったそうです... 

2週間で48冊読んできてね!!!というのはおそらくフェイクというか、脅しというか

2週間で48冊読んできてね!っというような一見困難に見受けられることを言われても逃げ出さないか? ちゃんと試験に来るか? というところを見られていたのかもしれませんね笑 

 

いくら短期間で大量の情報をインプットしてアウトプットできるかを重視していると言われても、限度というものがありますからね。

 

筆記試験自体も、まさに書くだけ書いて出したった!という感じであまり好感触ではありませんでしたし。

 

で、実際は48冊読まなくても試験には問題ないという結末でございました。

 

面接編

全ての面接と試験が終わり入社が決まった後に、

どうしても自分の採用理由が聞きたかったので、

実際に面接をしてくださった現マネージャーの方にお酒を交えつつ聞いてみました

 

その返事は... 

 

”んー 人柄かな〜”

  

の一言、最初に聞いたときは ん?say that again please?っていう感じでしたが、実際に働いてみると自分は本当に人柄採用だったんだなと感じられるぐらいのいじられキャラになりました。(これはコミュ障の自分にとっては願ってもいないチャンスとして捉えておきました...)

 

 ちなみに以下が面接官 (現僕の直属の上司) が実際に、僕の面接の際にメモしていた内容です... 実際に見せてくれました笑 

 

面接官のメモ (現営業マネージャー) 

留学
来年から外資系の会社
とても丁寧で真面目な印象
営業向き
中古車販売店でアルバイト インスタグラムで発信することを提案実施
週3からOK
現状把握⇒施策にインスタグラムの広報活動

 

ほとんどメモには注目せず、僕が喋っている途中はずっと僕の顔をガン見していた

マネージャーを今でも鮮明に覚えています笑

  

いくら短期間で大量の情報をインプットしてアウトプットできるかを重視していると言われても、限度というものがありますからね。

 

 

 

最後に

自分の就職活動での最大の失敗は、場数をこなして来なかったことだと改めて感じています。どれだけ真っ当な内容を話していても、相手に刺さらないと意味がない。つまり、その自分が持っているアピールポイントをどう伝えるのかが、たった30分の面接では重要視されることに遅ればせながら気がつくことができました。今後に必ず生かします。

 

 

では、お疲れ様でした。

 

失礼いたします。

  

長期インターンシップに挑戦してみたいという方は以下に主なインターンサイトのURLを載せてみましたので、興味のあるサイトに登録してみてください。貴方にあったインターン先が見つかることを祈っております。

 

<参考URL>

ゼロワンインターン(オススメ!)

01intern.com

 

JEEK(ジーク)

jeek.jp

 

WANTEDLY 

www.wantedly.com

 

InfrA

www.in-fra.jp

 

キャリアバイト

careerbaito.com

 

新卒で外資系企業に就職して驚いたこと 4選

お疲れ様です、

  

びーのブログにようこそです。

 

日本にはいわゆる日本企業の内資系企業と、外国企業の資本比率が高い外資系企業と言われる企業が存在し、国内トータルで内資系企業は3,850,000社、一方の外資系企業は日本国内に3,266社あります。確率的に圧倒的に内資系企業に就職をする人が大多数ですが、外資系企業に就職する人も一定数おり、そんな私も外資系企業に新卒で就職した少数派です。

  

そのような状況下において、外資系企業に興味があっても周りに経験者がいない、情報の量が少なく、外資系企業の実態が掴みにくいのではないかと思われます。そのような方々に向けて今回は、私が新卒で外資系企業に就職して驚いた点について5つご紹介していきます。

  

f:id:Be-something:20190416234533j:plain

外資系企業に入社して感じたギャップとは...

 

誰もスーツを着てない

これは本当に驚いたのですが、入社式の時に出勤する社員の方を見ると皆さんカジュアルな格好でした。スニーカーとジーパンにシャツが定番で、ネクタイを締めていたのは新入社員達のみでした。

 

ちなみに入社2日目もbeは、黒スーツにネクタイを締めて出勤したのですが、周りの同期はみんなカジュアルになっており、さらに代表取締役の方の座学では

You are the only man in black in this office hahah 

と笑われてしまいました。代表曰く、昔の日本は誰もが黒づくめの姿で本当にしんどかったと昔を回顧していて、自分の働きやすい格好であれば何でも良いし、硬い服装は個性を殺してしまうから、着てこなくて良いとのこと... ファッションセンスのないBeには少し辛いですが、この考え方は外資系企業ならではだなと...

某Vorkersで外資系企業全般の ”風通しの良さ”のスコアが高いのも納得です。

 

自分が高校生の時に学校から決められた制服が嫌で、服装自由の高校に通っている人たちを羨ましく思っていたのを思い出しましね。だいぶ遅れてBeにも自由な服装をする権利が当たられた形ですが、いざ与えられても戸惑うばかりです... 

 

ちなみに先輩社員の方にドレスコードを聞いてみると、半パンにビーチサンダルはダメとのこと... それ以上は大丈夫なのでしょうか... 気になります。

 

また、取引先にも当然のように私服で訪問します。取引先も外資系企業が多く、日本企業であったとしても、カジュアルな雰囲気を大事にしている企業が多いのです。お互い形式張った服を着て仕事はしたくないということです。一方で、クライアントとのファーストコンタクトの際や報告会などでは、普段とのギャップを強調するためにスーツを着用することもあります。 

 

上下関係が緩い

多国籍企業あるあるかと思いますが、様々なポジションで様々な国籍の方が働かれていまして、人事部も例外ではありません。人事部にも外国籍の方がいらっしゃいまして、その方とも当然のようにコミュニケーションをします。そして経費精算の際に、人事部の外国籍の方から承認をいただかなければならないので、自分にとっては一番ここが関門です笑 経費の使途を英語で説明したり、質問に答えなければなりませんので、むちゃくちゃ緊張してしまいます... ビジネス英会話・経費精算編として勉強させていただいております笑

 

ちなみに敬称はさん付けのみで、社長宛にインターン生時代に習った改まった形式でメールを送信すると、すぐに社長より敬称は「さん」にして下さいとメールの返信がありました。また、社内で決まった座席の指定はありません。様々な部署の人たちが入り混じって座っています。このおかげで他部署の人ともコミュニケーションをとる事ができます。何だか大学生の時のようです... 

 

海外支社無しでは業務が完了しない

特にインドと仕事をすることが多く、作成した調査票の画面を作ってもらったり、集計したデータを統計処理してもらい、SPSSを作成してもらったりしています。途上国にある支社に仕事を依頼することで低コストで仕事を依頼することができ、数字のプロが多いインド人の方に仕事を任せることで、短納期かつ高品質で納品物を得ることが出来ます。また、同じ会社の支社に仕事を発注することで、プロジェクトに関わる外注費が回り回って同じ会社に落とす事ができるので、グローバル全体で見れば、外注費も売り上げに計上されるというわけです。しかしこのシステムには問題点もありまして、

 

・時差の関係で残業が多くなる

 

・情報の意思疎通に手間取る事が多々ある

 

・現地支社の祝日も考慮に入れて仕事をしないと納期に影響する 

 

以上の3点が内資系企業にはないあるあるトラブルです。

 

 

他者に寛容な人が多い

自分が属してきた組織では10人のうち1人は嫌味なおばさんが必ずいるのが当たり前でしたが、今の会社は全然そのような法則は当てはまりません。

 

Beが感じるに

自分が英語を喋らなければならない環境

=相手に合わせ、自分を犠牲にできる人のみが会社に残れる

 

という論理なのかと感じました。

 

先日イチローさんが引退会見で述べていた、

「アメリカに来て、メジャーリーグに来て、外国人になったこと、アメリカでは僕は外国人ですから。このことは、外国人になったことで人の心を慮ったり、人の痛みを想像したり、今までなかった自分が現れたんですよね。この体験というのは、本を読んだり、情報を取ることができたとしても、体験しないと自分の中からは生まれないので」

 

という言葉がふと脳裏に浮かびました。外国人になるということは、自分が少数派になることを意味をします。日本オフィスにいる外国籍の方は、自国に家族を残して極東アジアに赴任しています。その少数派の方々とコミュニケーションを取り、人間関係を構成しよう、そのために英語を習得しようという相手に合わせることを厭わない人たちが会社で活躍していますので、皆さん人格的に長けていますし、困っている人がいれば迷わず助けてくれます。自分も何度と救われたことか、数えても数え切れません。

 

参考URL: イチローさんの引退会見の文字起こし

 

部署ごとの呑み会がほぼない

 入社して3週間が経ちますが、一回も先輩社員の方とも同期とも飲みに行ったことはありません。自分の勤め先はFriday Drinkが隔週でオフィス内で開催されているのが特徴的です。若手社員が企画をして、社内の方々との仲を深めよう的な企画なのですが、これも留学生時代のLanguage Exchangeなどと似ているなと感じます。

 

社員一人ひとりが自分の時間を大切にする風土、不思議と採用の段階から似たような人材が集まるんですね。(大学時代の友達がインスタグラムのストーリーに、同期との ”乾杯ウェーイ” の動画を投稿しているのを見て、ちょっと羨ましく思いことも正直ありますが)

 

さいごに

 以上が外資系企業に新卒として入社して感じたギャップです。外資系企業ですのでもちろん英語を使います、その上で英語でのコミュニケーションに不自由がなく、縦の関係を重要視する日本企業の風土に馴染めそうにないなと感じている就活生の方は、外資系企業の面接を受けてみてはいかがでしょうか。僕のように日系企業は全然ダメで、たまたま受けてみた外資系企業に採用になる稀なパターンもありますので、視野を広げてみる意味でも外資系企業を就職先の候補にしてみて下さいね。

 

また、東京と大阪で留学経験者向けの企業説明会も開催されますので、就職活動で行き詰まっている方はぜひチェックしてみて下さい。下にリンクを貼っておきます。

 URL:キャリアフォーラム

では、本日はこの辺りで失礼致します。

 

お疲れ様でした。

 

<参考サイト>

経済産業省 統計局 事業所に関する集計および企業等に関する集計

経済産業省 統計局 外資系企業の動向

要確認!運転免許証を無くしたらする事!

お疲れ様です、

 

びーのブログにようこそです。

 

先日、運転免許証を紛失してしまいまして、その時に知っておけばよかった内容をまとめさせていただきました。免許証を紛失された際の参考にしてみて下さい。 

f:id:Be-something:20190414013618j:plain

運転免許証無くしてしもた...

 

 

 

服の全てのポケットを探しまくる 

まずはこれが大切です、ふとした時に免許証を出してそのままポケットになんて言うパターンもありありますので、もし早とちりで警察に遺失届を提出すれば、あとあと手続きをしないといけませんので、大変なタイムロスです。 

 

鉄道各社に問い合わせる

多くの方々が電車を使われていると思いますが、もし電車を使った記憶があるならまずは鉄道会社に問い合わせてみることをお勧めします。なぜなら遺失物は発見から数日ほど鉄道各社の忘れ物センターに保管されるからです。 それでも取りに来ない場合に警察に届けられます。

 

最寄りの交番に遺失届を出す  

鉄道会社に問い合わせを行なっても発見に至らなかった場合、警察に届けてください。免許証は恐ろしいもので、免許証1枚があればお金を借りることができますし、裏社会で売買されている可能性もあります。知らずのうちに多額の請求書が届いていたなんて最悪なケースも起こりあり、免許証紛失の代償は計り知れないものになりかねません。

警察に届けると遺失届けに情報を記載しなければなりません。

以下が記載内容です。

記載内容 

  • 氏名
  • 住所 
  • 無くしたもの 
  • 無くしたと思わしき場所
  • 無くしたものの特徴

免許証の場合は特に記載することはありませんが、リュックやカバンを無くした場合、その色、ブランド名や中に入っているものを記載しなくてはなりません。

 

特別記載事項

免許書の場合、住所変更などで裏にも記載がある場合はその旨を記載して下さい。

以上の6点です。 

 

信用機関に自己申告する 

警察に遺失届を届けた時点でその免許証が無効にであることが証明されますので冤罪を防ぐことができますが、最後の念押しとして、拘束力はありませんが、ローンなどの審査の際により慎重に審査をしてくれるなどの効果があります。最後のダメ押しとして申告しておきましょう。

 

自己申告について日本信用情報機構による説明を載せておきます。

本人申告とは、お客様ご本人からの申請に基づき、当社が保有する信用情報に申告情報を登録できる制度です。
当社の加盟会員(クレジット会社等)、および当社と提携する信用情報機関の加盟会員は、お客様からのクレジットやローンのお申込み時に契約者の支払能力を調査するため、CICの信用情報を参考にしますが、その際にお客様ご本人からの申告情報も併せて確認することで、より適切な与信判断を行うことができます。

 参考URL 日本信用情報機構

免許センターに行く 

意外なことかと思いますが、警察署では運転免許証の再発行はしてくれません。(東京のケース)指定の運転免許試験場に行かなければなりません。

 

東京では以下の3つの運転免許試験場で手続きが可能です。

 

府中警察免許試験場

〒183-8506

住所: 府中市多磨町3-1-1

電話: 042-362-3591

交通機関:

JR中央線 武蔵小金井駅 (調布駅行きなど) バス10分

京王線 多磨霊園駅 (武蔵小金井駅行き) バス15分 

京王線 調布駅 (武蔵小金井駅行き)バス25分

 

鮫洲運転免許試験場 

〒140-0011

住所: 品川区東大井1-12-5

電話番号: 03-3474-1374 

交通機関: 

京浜急行線 鮫洲駅 徒歩8分 

りんかい線 品川シーサイド駅 徒歩10分 

 

江東運転免許試験場 (土曜日と祝日は手続きができません)

〒136-0075

住所:江東区新砂1-7-24

電話: 03-3699-1151

交通機関

地下鉄東西線 東陽町駅 徒歩5分 

JR 京葉線 新木場駅 (東陽町駅前行き) バス 15分 

JR 総武線 錦糸町駅 (門前仲町行き) バス30分 

 

早急に最寄りの試験場で手続きをしてくださいね😊 

 

なお、発行手数料が3500円かかります😭。ここは潔く払いましょう💪。 

 

※ちなみに土日は紛失による免許証再発行は行なっておりません。サラリーマンの皆さんブチギレましょう... 有給使うしかないですね。

最後に 

運転免許証を紛失すると、運転ができなかなることはもちろんのこと、大切なあなたの身分証明書が失われ、それが悪用をされる可能性もあります。普段から免許証を落とさないように心がけましょう。 特にお酒の席では要注意です。

 

では、本日はこの辺りで失礼いたします。

 

お疲れ様でした。 

 

参考URL: 警視庁遺失、盗難、汚損による再交付 

田舎から東京に来て面食らった事 (上京編)

お疲れ様です、

 

びーのブログにようこそです。

  

今回は田舎から上京してきたBeが大都会東京で面食らったことに関して書きます。

 

f:id:Be-something:20190414013308j:plain

恐ろしい街東京...

 

家賃がバカ高い 

ある程度覚悟していましたが、本当に東京の家賃は次元が違いますね。試しに麻布十番で調べてみると1kのユニットバスで 10万円〜でくらいでした。大阪の中心部、梅田でしたら全く同じ条件で半額で住めてしまいます。もちろん首都と地方都市を比べてはいけませんけども;)

 

家賃が安いとされる(田舎の)練馬区で探しても 駅から徒歩10分圏内でユニットバスで探してみると、相場は6.5万から7万円とのこと😇

これに初期費用が20万円程かかります… 今まで3万円の部屋に住んでいた田舎者のBeには衝撃的でした。

 

ちなみにBeは現在、4.6万円のぼろアパートに住んでおります。頑張ってお金貯めて引っ越します笑 

 

人の多さ (街中編)

平日のこんな時間から何しとんねんと言うぐらい人が多いですね。観光客の方なのでしょうか? それともフリーランス? とにかく平日の昼間から人に合わない瞬間がありません。

 

人の多さ (電車編)

電車も半端やないです。関西ではラッシュアワーでも電車に列で並んで待っていれば確実に乗ることができますが、東京ではホームで待っていても人が多すぎて、次の電車を利用しなければならない時が多々あります。ホームで電車を待っていたのにその電車に乗れない、想像もしていなかった事です。

 

地下鉄でSuicaの定期券は作れない  

 

流石に東京でicoca 定期券が作れないことは知っていましたが、suicaは東京内であればどこでも定期券として使えると思っていました… Beは都営大江戸線ユーザーですので、pasmoでないと通勤定期が買えませんが、当時の僕はずっと地下鉄の券売機で suicaを入れて定期券を作ろうとしていたので、全く手続き自体が上手くいきませんでした😢

 

東京の電車運営会社さん、suicaとpasmoまとめてくれませんかね🥺

 

コンビニやファーストフードの店員さんが外国の方がほとんど

 

関西でも同じことが言えるかと思えますが、東京の場合はその割合が比じゃありません。1つのコンビニに何人もの店員さんが働いていらっしゃいますので、そう見えるのかもしれませんが、アルバイトの2/3は外国人の方なのでないでしょうか? 日々真剣にお勤めいただいて、本当にありがたいことです🙇

 

ホッピーという謎の飲み物

それは居酒屋で友達と呑んでいる時でした。

カウンターの向こうから

 

中ちょーだい

 

という声が… 

 

ん?何だそれと思ってカウンターの奥の人が呑んでいる飲み物を見るとぱっと見はビールみたいな飲み物だったので、興味津々でした笑

ここは郷に入っては郷に従えです、思い切ってBeも 

 

中ちょーだい

 

と頼むと、ジョッキに入った焼酎のロックが出てきました。 

 

おいおい何やこれとパニックになりました笑 しかもちょっとそのまま呑んでしまいましたし… そこまでスマホ世代の本領発揮ということでグッグてみると 中の反対に外というものがあるそうなのです。ということでメニュー再度よく見てみると、中の下に “外” と言う表記もありました。しかも2種類 黒と白… これは自分の確認不足でしね。早速外も頼み、本場東京のホッピーを堪能しました。意外に美味しかったですよ、ビールによく似た焼酎って感じでしたね。

 

東京ドームが意外に良い球場だった 

職場の上司の方がファイターズファンの方でしたので、意気投合して早速はじめての東京ドームに仕事終わりに行きました。当日券でしたので、三塁側しか空いておらず、しぶしぶ三塁側の自由席に座ったのですが、これがグランドから近い!近い!😊 大満足でした。(ファールボールも近くまで飛んできましたし)

あとビール半額デーでしたので7回表からの参戦でしたが、3杯飲みました🍻 お腹いっぱいです。

 

にしても、グランドレベルからむちゃくちゃ遠い、京セ◯ドームとは本当に大違いでした🙈 

外野スタンドで座ってるとバックスクリーンと、ホームランボールが全く見えませんからね、最悪です。

 

東京ドーム最高!!!

 

まとめ

以上が今年田舎から上京したBeの東京に来て面食らった出来事です。また、これから面食らうことがあると思いますので、その都度追記します。 

 

では!本日はこの辺りで

 

失礼致します。

平成生まれが感じた新年号「令和」

お疲れ様です、

 

びーのブログにようこそです。

  

今回は、先日発表された新年号について平成生まれ、平成育ちの私が感じた点について述べます。

  

f:id:Be-something:20190401224326j:plain

平成が終わり「令和」に...

 

官房長官の発表

www.youtube.com

 

 ん?平和? 

最初の菅官房長官の声が、テンションが上がってしまってよく聞こえませんでした笑 

 

www.youtube.com

 

 

令和の由来

 

安倍首相の会見参照

 

新しい元号は令和であります。これは万葉集にある『初春(しよしゆん)の令月(れいげつ)にして、気淑(よ)く風和(やはら)ぎ、梅は鏡前(きやうぜん)の粉(こ)を披(ひら)き、蘭(らん)は珮後(はいご)の香(かう)を薫(かをら)す』との文言から引用したものであります。

 

なるほど万葉集からの引用なのですね… 

大学受験の古文でやったな... 確かいろんな人が詠んでいて、よくこの歌は何を指しているのかとか、どのような心情が込められているかなど、正しい解釈を求められる問題が多かったので、苦手だった記憶があります。そんな歴史ある万葉集からの出典であり、勉強したことのある文献から選ばれたということで非常に感慨深いものでした。また、今までの年号は全て中国古典からの出典でしたが、今回は初めて日本古典から出展されました!ぜひこれを機に万葉集をはじめとする、日本古典に触れる機会を作っていきたいですね。

 

年号の発表を見届けた場所

年号が発表された日は4/1、Beの社会人1日目の日でした。入社式の日でしたので、貴重な映像を観ることは叶わないのか…とちょっぴり残念だったのですが、そんな時に全体の社内メールで通知が来ました。

 

それは…

 

新年号の速報@カフェテリアでやってまーす。 

 

この通知が画面に表示された際に人事の方が、みんなも行こっか!と声をかけてくれ幸運なことに歴史的瞬間をテレビの生放送で見ることに相成りました。

 

新入社員は一番前に座らされて、顔見せ的な感じで全社員の前でペコペコしていたのを覚えています。

 

菅官房長官から年号が発表された時に、年号が変わるという事実について

平成が終わる…寂しい…

と言うより不思議な感じでしたね、生まれたこの方平成という時代にしか生きてこなかったbeにとって、その元号が変わる、終わるというのは本当に変な感じです。新しいものを取り入れることの難しさを感じました。年号改正も一つの文化として、これからも続く時代の変化の一環として捉えるようにします。

 

 

もうすぐ平成が年寄りの象徴になるのか... 

Beは平成産まれですので、昭和と聞くと遥か昔の時代のこと、明治時代、大正時代の次という認識でしたが、とうとう平成の時代が終わり、古臭い昭和の次の時代と今の年号、令和の時代の間という客観事実に変容してしまいました。 あと5年から10年もすると、無邪気な子供から、おじさんは平成生まれなの? じじいやな!と無神経なことを言われるようになるんですよね… 10年したら平成で生まれた人で一番上の年齢は41歳ですから、もう介護保険を支払ってることになります😊 おそらく介護保険の支払いは容赦無く前倒しされるかと存じますが… 

 

最後に

とやかく言っても決まったものはどうにもなりませんし、平和な[令和]時代が訪れることを願うばかりです。 ちなみに年号が変わるということは、また渋谷のスクランブル交差点でパリピな人たちが集まってカウントダウンとかするんですかね?暴動が起こらないことを願いますし、皇族がらみのことですので、俗物的なイベントとして扱って欲しくないのが正直なところですね。

 

では、この辺で失礼いたします。

 

お疲れ様でした。

 

p.s 

会社のカフェテリアで年号の速報を社員さん一同で見守っていた時に、新卒で年号を当てるというゲームをしました。

7人の新卒で予想したものをボードに書き出して誰かの予想が当たるかを、社員さんもワクワクして下さったのですが、7人ともハズレて変な空気になってしまいました😇 

 

ちなみにBeは “平和が伝わる”という願いを込めて、「和伝」と予想しました。

なかかな惜しくありませんか...  

 

では、改めまして

 

お疲れ様でした。

呑みの二次会に来ない人の声を代弁する

お疲れ様です、

 

Be-somethingのブログにようこそです。

 

今回は、呑みの2次会に来ない人たちの声を代弁してみよう思います。

  

f:id:Be-something:20190414012925j:plain

なぜ二次会に来ないのか...

 

 

もう一軒行こうや!!!となっている時など、盛り上がった空気に水を差す人っていますよね、(完全にBeのことです、ちなみにBeの口癖は “あー早よ帰りたい” です笑笑)

 

2次会に行かない事でコミュニティから隔離されてしまう、明日からの会話が合わなくなってしまうなど、2次会に行かないことはデメリットばかりなように思えますよね。

 

では、Beのようなやつはどんなことを考えているのでしょうか? 見ていきましょう😇

 

 

時間が大事 (時は金なり) 

学生の頃に無限だと感じていた時間も社会人になるとあっという間に過ぎてしまいます。そして必ずこのままで良いのかな?酔っている時間がもったいないんですよね、素面の時に出来ていたことが出来ないのですから煩わしいなと思います。社会人になると今までの学生の時間の使い方を見直す時が来ます。つまり、学生の多くは時間の使い方が下手なんです。個人的には、SNSの影響が大きいと分析しています。暇さえあればSNSを観て、貴重な時間をやり過ごしています。

仕事終わりって本当に時間ないです。 

 

明日がある(仕事であっても休日でも)

 

しんどい仕事をしているとストレスが溜まりますから、発散したくなります。そもそもそう言った仕事をしている時点で自分の時間は全くありません、家に帰った時点でクタクタですからね、すぐにベットで寝てしまいます。部活帰りみたいです💦 せめて明日の朝万全な体制で起きれるようにもアルコールは入れたくないのです。

 

呑みの席は自分の時間じゃない

呑み会って何のために参加するんですかね?親睦を深めるためでしょうか?

2次会に来ない人の多くはその日に学んだこと、気づきを大切にしています。みたいテレビがあるから帰っているわけではありません。その日の出来事をノートにまとめ次に生かす、日々の成長していると感じることが幸せを感じることなのです。

 

付き合いも大事やけど、やっぱり家が一番

 

正直に言うと家でやろうと思っていたものは特にありませんし、用事もありません🎃 ヒマです。でも家にいると落ち着くんですよね…外と隔離され自分の時間が動き出す、その時間は何をしても良いのです、テレビを観る、本を読む、SNSをチェックする、友達とラインするなどなど人と呑んでいる時には出来ないことがいくらでも出来るのです! 何と幸せな事でしょう。

皆さんもそうは思いませんか🙇

 

最後に

皆さん、いきよいで二次会行こうと言ってこない人のことをあまり悪く思わないでくださいね、二次会に行きたいと思う人もあれば行きたくな人も居て当然なのです。みんなで盛り上がるのが好き、盛り上がれる人もいれば、正直楽しくないし、盛り上がれない人もいるのです。 何卒ご理解のほど宜しくお願い致します。

 

では、この辺りで失礼致します。

 

お疲れ様でした。

内定後営業インターンシップ 〜働いてみて学んだ3つの点〜

お疲れ様です、

 

びーのブログにようこそです。

 

時が経つのは早いもので、つい先日インターン先の最終出勤日を迎えました。この半年間、今まで経験したことのない事など色々とありましたが (お客様からの叱責、社内での圧倒的いじられキャラ、社員さんからの激励などなど笑)  私がこれまで学生として経験したものとは全く異質のものであることには間違いありません。今回は、私が大学生活の残りの半年間、学生インターン生として営業に挑戦し、働いてみて学んだ3つの点と、営業インターンシップに挑戦した元々の目標は達成できたのかに綴って参ります。

  

f:id:Be-something:20190323191558j:plain

学生インターンシップに挑戦!

 

 

学んだこと

営業とは相手の課題を解決するもの

 自社のサービスをゴリ売りするだけの営業では先方から全く信頼されません、むしろ心構えとしては、弊社のサービスがもしかしたらお役に立てるかもしれないので貴社の抱えている課題をご教示いただけませんでしょうか? といった低姿勢で営業に従事する必要があります。

 

これは私が実際に営業の電話をかけてきた経験からも言えることでして、売ることだけに集中してきた時と、どうすれば相手の抱える問題を解決できるのだろうかと意識しながら変えた営業電話とではまるで成績が違いましたし、相手からのリアクションも良かったです。お相手からお褒めのお言葉を頂くとやりがいにもつながります。

 

電話をかけた先の課題に自社のサービスではお役に立て無いなと思った場合には、同じ競合他社のサービスを紹介するなど、あくまでも相手の立場に立った営業活動を心がけました。そうした方がお互い時間の無駄にはならなかったなと感じられましたし、相手の時間をもらったのに勿体ないですからね。

 

ホウレンソウの重要性

 営業先との話はしっかりと同僚、上長に正確に伝えなければなりません。こちら側の認識と相手側の認識が違えば、双方 (営業先と弊社の他の部門) に迷惑をかけることになります。ここで認識をして欲しいのですが、自分がめんどくさがって確認を取らなかったことのツケは自分ではなく、あなたの周りの同僚達、さらにあなたのマネージャー、他部署のマネージャーに降りかかるのです。インターン生である、あなたに権限は無いかも知れませんが、実際に営業先と直接関わりを持ち、成約までの入り口を築くのは営業先に電話をかけたあなたです。営業先はあなたを担当として見なしていますので、その仕事に対しての責任は重大なのです、その最終的な責任を取らなくて良い立場にいるかもしれませんが、重要事項については責任を取らなければならない上長と共有する必要があります。

 

しっかりと疑問点をうやむやにせずに、上長に相談してくだいさい、そんなもん確認するな!と言われるのは、伝えなければならないことを共有していなかったために引き起こされる事態よりはずっとマシです。要するに、責任を1人で背追い込まずに上長にも情報を共有して、責任をなすりつけてください。そうすることで上長も関わっていたということになり、あなた1人で責任を取る必要がなくなります。言うた言わんかったの揉め事に巻き込まれないようにしてくださいね。そこはうまく理論武装して自分の身を守ってください。 

 

朝起きて夜はちゃんと寝るリズムは非常に大事

 大学生は生活リズムがめちゃくちゃです。それはすごく当たり前のことで、一般的な大学生は、次の日の朝9:00の授業に出席するぞ、というモチベーションでは朝は起きれ無いのです。自分も授業があるのにも関わらず、深夜に寝て次の日のお昼に起きるなんていうことはざらでした。ですがインターンシップを始めてからは規則正しい生活を送るようになりました、というか絶対に起きないとダメなので 営業は相手が営業している時に仕事をしないとですから、夜に出勤してもすることは何もありません。夜に残業しているのは、日中の仕事の残務処理をしているだけですし。

 

インターンシップを始めてからは夜YoutubeやNetflixを観ていても、明日の仕事が気になって全く動画に集中できませんでした。生活リズムを変え無いといけないなと思っている方は、インターンシップで社会人の人と仕事をしてみると生活リズムが強制的に整うかと思うます。実際に働いてみると生活リズムが変わります、これは社会人になるための準備としてもオススメです。

 

営業インターンを始めた元々の目標は達成できたのか?

 

もともと4回生の残りの楽しい半年間を、営業インターンシップに費やしたのは以下の3つの理由からです。

 

1.社会を少しでも理解するため

 

2.コミュ障強制矯正

 

3.都会に憧れた。。。 

  

上記の3つについては以前のブログで詳しく述べておりますので、そちらも参照して頂けたら幸いです。

be-something.hatenablog.com

  

1.社会は少し理解できた

 この社会というワードは、営業の社会という意味で捉えると、ある程度営業とは何なのかなは自分なりに見いだすことはできました。それはもちろん実際に営業をなさっている方々とのご商談の中で見出した結果です。

営業とは

相手の課題を解決するために行動すること

です。

自社サービスが相手にとってお役立ていただけないなと感じれば絶対にオススメしませんし、競合他社のサービスの方が良いなと感じれば、迷わず他社様のサービスをご紹介します。相手に喜んでもらえれば、絶対に自分に違う形で返ってきますし、自分が逆の立場であれば、少しでも有益な情報を得たいと思うので。長期的な視点で仕事に取り組むことが重要ですね。

 

2.コミュ障は今もなおご健在?

 2点目のコミュ障矯正矯正が達成されたかは、正直わかりません

営業の電話をかけ、営業先の方とスラスラおしゃべりすることは全く億劫ではなくなりましたが、そのスキルを得たからといって友達が倍増したわけではありませんし、彼女ができるというわけでもありませんし... ただ、初対面の人とオドオドせずに喋れるようになったことは言えます。しかし、重大な弊害がございまして、何だか喋っていると営業の喋り方になってしまうんですよね笑 

 

あっなるほど、ooということなんですね、 かしこ....

あっ

そういうことなんや〜

 

と言いなおすこともしょっちゅうあります。これはいけませんよね。

あくまでも自然に自然に... 自分から喋るのが苦手であれば、喋らなかったら良いのです、これからも相手の話を聞くヒアリングベースで話を展開していけるように頑張りますと、開き直ってみます。 

 

3.結局京都は良いところ

 これ実は密かに期待していたことです。そして半年間京都市内まで通ってみると、京都の良さがほんまによく分かりました。街並みは綺麗やし(ほんまに碁盤の形です)、お寺もあって、趣のある酒蔵、豆腐屋、さらに、ご飯食べるところはいっぱいあるし、呑み屋もいっぱいあるし、交通網も発達しています。京都のメインストリートを走る市営地下鉄、鴨川沿いを走る京阪電車、御池通を東西に走る東西線、そしてさらに地上に上がると、そこら中にバスとタクシーが走ってます。最強です。私が住んでいる田舎にはないものばかりでした。ちなみに東京にもありません。

 

最後に

 通常のアルバイトでは経験できない社会経験ができるインターンシップ、学生の皆様、一度挑戦してみてはいかがでしょうか? オススメです!仕事帰りに社員さんと呑みに行くと色々な話 (武勇伝) が聞けて楽しいです。アドバイスも社員さんならではの具体的なものですし。学生のうちから社会人と対等な立場で話をする機会はそうないと思います。(しかも実際のビジネスの場で) 確かに対等な分、厳しい事を言われることもありますし、無理難題な要求をしてくる人もいます。そういった点も含めてインターンシップでは学べることが多いです。皆さんも是非挑戦してみてくださいね

 

それではお疲れ様でした。

 

失礼いたします。

 

長期インターンシップに挑戦してみたいという方は以下に主なインターンサイトのURLを載せてみましたので、興味のあるサイトに登録してみてください。貴方にあったインターン先が見つかることを祈っております。

 

<参考URL>

ゼロワンインターン(オススメ!)

01intern.com

 

JEEK(ジーク)

jeek.jp

 

WANTEDLY 

www.wantedly.com

 

InfrA

www.in-fra.jp

 

キャリアバイト

careerbaito.com

 

 

ベルフェイスが、インサイドセールの商談の際に便利すぎたのでレビューしてみる。 

お疲れ様です、

 

びーのブログにようこそです。 

 

今回はインサイドセールスの商談について綴ってまいります。

インサイドセールなのに商談もするの?と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、私が働いているインターン先ではインサイドセールスがクロージングまでもしてしまうという欲張りな体制でして、アポイントメントからクロージングまでインサイドセール部隊が担います。そしてオンラインでのご商談の際に使えるツールがベルフェイスというツールです。このツールがとても快適でして、使い出すとクセになる程です。今回は実際のご商談の流れの中で、ベルフェイスがいかに便利なのかをレビューしていきます。

f:id:Be-something:20190316210051j:plain

It's old 営業 5秒でつながるオンラインルーム♪

 

ベルフェイスについて

 ベルフェイスはベルフェイス株式会社が提供しているサービスで、インサイドセールス界隈でとても人気を博しているサービスです。このサービスを導入すると、商談までにかかる時間を大幅に削減することが出来ますし、実際の商談の際にもオンライン商談にも関わらず、インパクトのある商談を実施することができます。最近ではベルフェイスが多額のお金を広告費に投下していることでも話題になっていますよね。ぜひ以下のURLより参照してみて下さい。色々と導入した後のイメージが付きやすくなるかと思います。

URL: ベルフェイス公式ホームページ

 

ベルフェイスで出来ること

 このサービスではこれまでのフィールドセール(足で稼ぐ営業)の欠点である、先方に足を運ぶことによる時間のロスを改善することができます。オンラインですので、地域差も関係なく商談することができますので、地方企業でも首都圏の企業にアタックすることができますし、逆に首都圏の企業も地方の企業と手軽に商談をすることができます。自分のインターン先でもベルフェイスを導入しており、全国の企業様と商談することによって、商談数は確実に増えております。 

 

ベルフェイスのすごいところ

このサービスの凄いところは、営業先との画面接続の容易さです。

流れとしては 

1. 約束の時間に先方に電話をかける

2. 先方にベルフェイスとGoogle等で検索してもらう。

3. 5秒で繋がるオンラインルームをクリックする (1番先頭に表示されています)

4. 接続ナンバーを発番してもらう

5. こちらのベルフェイスの管理画面より接続ナンバーを入力する 

以上で、画面共有完了!すぐに先方と商談ができます。

 

実際の操作イメージ 

簡単に言いますと、こちらが操作している画面を営業先に見てもらうという感じです。

共有メモも設定でき、こちらを使うとヒアリングの際に、相手の画面にも自分がメモした内容がリアルタイムに表示されますので、こちらと先方との間で勘違いが起きるのを防ぐことができます。また、概要資料を先方の画面に見せながらサービスの紹介も出来ますし、共有画面より相手のパソコンに資料を送ることもできます。

 

ただし、こちらが展開している画面は基本的に全て先方の画面に展開をされていますので、見られたくないものや商談の場に相応しくないタブを残しておくと、相手のパソコンに表示されてしまいますので、企業間同士の信用問題につながりかねません。

 

※ 自分が動かしている画面を先方が操作することはできませんし、逆に先方の画面をこちら側が操作することもできません。ベルフェイスについて先方に¥聞かれる前に、一言伝えた方が良いかと思います。特に年配の管理職相手には必須です。

 

なのでインターン先では先にサービスの概要資料をご紹介して、その後に実際にサービス画面を展開し、最後に料金プランを説明して終わるというフローを構築しております。

 

インサイドセールスの商談の流れ

 

アポどり

もちろんですが、商談に持っていくにはアポどりと言われるものをしなくてはなりません笑 断られることの方が断然多いですので断られても無の境地になるまで電話しましょう。

 

日程調整

アポが取れたら日程調整です。インターン先ではyoucanbookme というアプリをGoogleカレンダーと連動させております。自分の時間がダメでも、他の人の予定が空いて入れば、無断でGoogleカレンダーに商談を入れてしまうということもよくあります笑 その逆も然りなので、そこはお互い様ということで。

 

ヒアリング(ベルフェイス登場)

 約束の時間に電話をかけます。実際の商談ではまず、相手が抱えている課題や現状を確認するために以下のことをヒアリングしています。

  • 現在のターゲット
  • 商材・サービス
  • 営業手法
  • 営業人数
  • 課題・問題点、ニーズ
  • 必要な情報、絞り込み軸
  • 導入時期

これは相手の課題に対して、いかに自社サービスがお役立ていただけるのかをお伝えするためのもので、特にどの機能をセールスポイントとしてアピールするかの選定にも役立ちます。

 

サービスの概要説明(ベルフェイス)

機能説明の前にまずはサービスの概要をお客様にご紹介します。具体的には他社サービスとの比較、導入事例などです。このご案内によって弊社サービスの強みや立ち位置を知ってもらいます。

 

機能説明(ベルフェイス)

実際にサービスをご紹介します。弊社はベルフェイスというオンラインサービスを用いて、自分が展開している画面を相手のパソコンに展開させて説明します。この画面は相手も操作できますので、ただ聞いているだけの商談にはならないのがメリットです。

 

質疑応答(ベルフェイス)

機能説明が終了すると操作上の質問やその他の疑問点を伺います。時々無理矢理にでも質問をしようとする人もいらっしゃいますが、その時はこちから話を切り上げるようにしましょう。でないとお互いの時間が無駄になってしまいます。 

 

料金プラン紹介(ベルフェイス)

一通りの質疑応答が終わった後、料金プランのご案内に移ります。決してごり押ししないように、あくまでも相手の状況に合わせた適切な料金プランをお勧めします。

 

質疑応答 (ベルフェイス) 

最後に疑問点や導入にあたってのボトルネックを聞き出します。特に商談中あまり質問をされなかった方には入念に”質問や疑問点はございませんか”と聞きます。中には遠慮がちなお客様もおられますので。

 

商談後メール

商談が終わればメールを送信します、内容は商談のお礼です。もちろん、商談の中で稟議書の話まで行けたお客様には稟議書の雛形も送信させていただいております。この層は超絶有効リードと言えますね!

 

ベルフェイスのイマイチな所

大きく3点あるなと感じます、

ネットワーク環境に依存している点

 例えば相手が新幹線などに乗っている場合、通信の状況がよろしくないので画面の共有スピードが落ちますので電話で話が進んでいても、画面だけ前に進んでいないなんてことも起こります。

 

管理職世代からのアレルギーが半端でない

 ウイルスとか大丈夫なのか?怪しいサービスちゃうの? べ?へいす? ベル?ととにかく聞き取ってくれません涙 ここで時間がかかるとオンライン商談の旨味がなくなってしまいますよね。直接会って説明してくれないの?とかもよく聞かれますね。昔の日本の営業って感じです。

 

セキュリティ体制が厳しい会社には使えない可能性がある

  特に大企業の方とご商談する際はこの傾向が如実に現れます。社内のセキュリティーが万全なのは良いのですが、ここで画面が共有できないと声だけのご案内になってしまい、導入後のイメージがつきにくくなります。

 

まとめ

今回はオンライン会議ツール、ベルフェイスについてご紹介しました。

今後拡大していくと思われるインサイドセールで、必須のアイテムになること間違いなしですし、今後の機能拡張にも期待したいと思います。また、インターン生の業務として商談は最重要任務です。相手のニーズと自社のサービスの相関性をアピールするのは非常に難しいことですが、その分ご契約いただいた際の喜びは半端ではありません。その確度を上げるためのツールとしてベルフェイスがすごく効果的です。 

 

では、本日はこの辺りで、

 

失礼いたします。

 

長期インターンシップに挑戦してみたいという方は以下に主なインターンサイトのURLを載せてみましたので、興味のあるサイトに登録してみてください。貴方にあったインターン先が見つかることを祈っております。

 

<参考URL>

ゼロワンインターン(オススメ!)

01intern.com

 

JEEK(ジーク)

jeek.jp

 

WANTEDLY 

www.wantedly.com

 

InfrA

www.in-fra.jp

 

キャリアバイト

careerbaito.com

 

内定後インターンシップ インサイドセールカンファレンス2018に参加してきた@虎ノ門ヒルズ 12/16

お疲れ様です。

 

びーのブログにようこそです。

今回は、昨年虎ノ門ヒルズで行われましたインサイドセールスカンファレンスについてレビューします。 

f:id:Be-something:20190318120431j:plain

あいにくの雨の中の虎ノ門ヒルズ... にしてもでかく感じました


 

 

インサイドセールスカンファレンスとは?

このカンファレンスはFuture of Work実行委員会さんが開催なさった、営業やマーケティングに従事している社会人を対象にしたカンファレンスです。多くの出展企業と参加者で賑わいを見せておりました。出展企業様はMicrosoft, NEC, Saleforceなど日本の最先端を行く一流企業ばかり... 下っ端インターン生のBeは勉強のつもりで必死で食らいついていきましたよ笑 

 

インサイドセールカンファレンスに興味のある方は以下のURLをチェックしてみてください。

参考URL: インサイドセールスカンファレンス 

 

そもそもインサイドセールスって? 

インサイドセールスはベンチャー界隈で賑わいを見せている、注目の営業方法です。大企業でも取り入れている企業もあるので、今後ますます有名になっていくことでしょう。

詳しくは

be-something.hatenablog.com

 

 

で書いてみましたので是非こちらもチェックしてみてください。

また、本はインサイドセールス究極の営業がオススメです!この本では実際にインサイドセールを導入した複数の企業を例に、具体的に組織運営が軌道に乗るまでの軌跡を詳細に記しており、これからインサイドセールス部隊の導入を検討されている方にオススメの本となっています。

参考URL: 究極の営業戦術

 

場所

このカンファレンスは東京は虎ノ門ヒルズで開催されました。

関西の田舎者であるBeは虎ノ門ヒルズを見るや否やすぐに写真を撮ってしまいました。というか東京に降り立つとずっと上を向いている自分がいます。 

あの高層ビル群に慣れる日が来るんですかね...

準備

社員さんと合流した後、会場に入るとすぐに一番下っ端のBeはパソコンやポケットWi-fiの準備、掲載物の展示などで大忙しでした。

独特の熱気に包まれた会場は会場の開会前から出展者同士の挨拶などで、すでに喋りっぱなしでした。

 

本番スタート

スタートと同時にここは就職活動の合同企業説明の会場か?と思うぐらいスーツを着た大人たちが流れ込んできました。これに合わせて一斉に上長の名刺と自社サービスの概要資料を、通行に配りまくります。大学で言うところのサークルの新歓のビラ配りです。(Beはサークルには属していませんでしたが) 

 

講演会

インサイドセールスカンファレンスでは講演会が開催されておりまして名だたる企業様が講演をされておりました。参加者の方は熱心にメモを取り、成長企業の話を食い気味で聞いておられました。また、面白いことに講演会が終わると展示ブースがより一層賑わうんですよね。

機能説明・名刺交換

ビジネスマッチングの場に足を運んでくださった方に、必死で声をかけビラを配ります。足を止めてBeの営業トークを聞いてくださった方には、改めてパソコンの画面を用いて機能の説明をしました。実はこれ、Beにとっての初めての対面での商談でして、オンラインとは全く違う、相手の反応がダイレクトに伝わる感じがとても新鮮で、人ごとに訴求ポイントを変える必要性を改めて認識しました。そして終わり際には互いの名刺交換=有効リード獲得です。

 

f:id:Be-something:20190318185610j:plain

控えめに...

撤収作業

必死です笑 他の社員さんは懇親会のようなものに参加しておられましたので、僕はひたすらカバンにパソコンと営業資料を詰め、設備の原状回復をしておりました。 

感想

出展企業様を含め、参加者の方々の教養といいいますかナレッジの深さにとても驚きました(もちろん学生からしたら社会人の方の知識はみんなすごいのは理解していますが)

ご商談をさせていただいた皆さんが、ベンチャー企業である弊社のことを知っていてくださっていて、東京の情報網の素早さに感嘆しました!知っていてその上で鋭い質問を飛ばして来るんですよね... 際どすぎてその場で答えられず気まずい雰囲気になった場面もかなりあり、大人に迷惑をかけてしまったのは反省点です。

f:id:Be-something:20190318185524j:plain

インサイドセールカンファレンンスの受付

 最後に

緊張した! 

 

お疲れ様会を新橋で開き、その後インターン生たるBeは21:50、バスタ新宿発の関西方面行きの高速バスに乗り、翌日朝風呂を浴び、9:00より出勤しました。

これぞまさに模範インターン生です。皆さんも見習ってください。 

ちなみにその日は全くやる気が出ず、生産性は無茶苦茶低かったです笑 

やはりしっかり休むべきですね汗 

 

それでは、本日もお疲れ様です。

 

失礼いたします。 

 

長期インターンシップに挑戦してみたいという方は以下に主なインターンサイトのURLを載せてみましたので、興味のあるサイトに登録してみてください。貴方にあったインターン先が見つかることを祈っております。

 

<参考URL>

ゼロワンインターン(オススメ!)

01intern.com

 

JEEK(ジーク)

jeek.jp

 

WANTEDLY 

www.wantedly.com

 

InfrA

www.in-fra.jp

 

キャリアバイト

careerbaito.com

 

自分ってなに? これを考え続け、突き詰めることが就活で生きてくるって話

お疲れ様です。

 

びーのブログにようこそです。

 

就職活動は人生の一大イベントですよね、誰しもが経験する、今後の人生を決めてしまうイベントです。就職する会社はホワイトであればあるほど良いですし、自分のしたい仕事をさせてくれる会社であればサイコーですよね。

 

そんな大事なイベントで自分は就職活動で全く自己分析をせずに就職活動をした結果、超売り手市場と言われている現代日本において、6月の中旬で恐怖の無い内定状態となっておりました。6月中旬に無い内定になった自分に絶望した自分は、休学でもして来年再チャレンジするかと思いましたが、思い直してもう一回就職活動をやり直すことになりました。(結局売り手市場の中で、3月に就活を始めて8月にようやく内定をいただきました)

  

就職活動を始めて半年間内定を貰えず、周囲からの目(特に親から)が痛かったですしまた、就職活動中はアルバイトをしていなかったので、就活が終わってこれから遊ぶぞ!といった時に貯金ゼロという状況でした。。。あまりにも代償が大きかったです。(その後必死にインターン先を探して働く事になります。)

 

今回はそんな残念な就活生だった自分が経験したことについてまとめ、社会人になった自分だからこそ思う点について記していきます。

 

もろもろの経緯

 

 

f:id:Be-something:20190311200957p:plain

恐怖の無い内定...

 

 

恐怖の無い内定

6月中旬、他の大学生が次々と内定を獲得して行く中で、びーは無い内定で人生の岐路に立たされておりました。本当に学校に行くのが辛かったですし、ゼミもほとんど休んでました (ゼミの先生には泣きついてなんとか成績の評価は頂きました。) 

 

自分とは何か、自分は何をしているときに喜びを覚える人間なのか、自分が正直な気持ちでやりがいを感じるなと思えることを一つでも見つけてください。それだけでも具体的な就職先を絞ることができます。その答えを知っているのはあなたのみです。あなたが活躍できる、あなたという商品を求めてくれる、業種、職種に対してアプローチして下さい。面接で合う合わないが判るというのは本当ですが、それを認識するためには多くの面接会場に足を運び、お見合いをする必要があります。 

 

結局どうなった?

日系企業約40社からお祈りメールを頂き、自暴自棄になったびーは、興味半分で今まで受けてきた企業とは全く関係ない外資系の企業を受けてみました。そして、その外資系企業1社のその1社のみに内定をいただきました。(しかも8月上旬にです、本当に長かったです) 

 

この内定をいただいた外資系企業の面接は今まで自分が受けてきた日系企業の面接では全く聞かれなかったことしか聞かれず、直感で受け答えをしていたら採用になりました。(たまたまその年の求める採用者の条件に、フレキシブルで機転がきく人という条件があったものと思われます。)正直に入社した後もなぜ自分が採用になったのか分からないぐらい周りとの実力差に圧倒されています。

 

直感で受け答えをして採用してくれる会社は日系企業にはありません、今回の場合は自分を高く評価してくれる会社は外資系企業であったという稀なパターンでした。その意味でも多く面接を経験し自分を高く買ってくれる会社を見つけなければならないし、それは自分で面接の機会を作る事でしか分かりません。

 

自己分析=自分という商品の理解

就職活動序盤に自己分析を重要性を説く採用媒体が多いと思います。これは本当に重要なんですが、これは膨大な時間がかかるんですよね。自分の過去についてあまり触れたく無いようなひねくれ者には辛い作業なのです。

 

そして、営業のインターンシップを通して、自分の就職活動について振り返って見た結果、自己分析とは自分のセールスポイントの洗い出しということに気づきました。

  

もちろん、あなたのセールスポイントに実績なんてものは必要ありません。

実際の面接の場でよく

私は!!!発展途上国の人たちの生活を向上させるために海外のインターンシップに参加し!!!云々いうてる人を見て、

 

あの人たちには適わないな... この企業受けるんやめておこう...

 

と落ち込む人がいますが、全く間違いです。逆にそういった経験がある人たちは自信満々に話す一方、少し協調生に欠ける部分があります。だいたい企業は新卒の社員に実績なんぞ求めておりません。

 

知りたいのは実績ではなく あなたのことなのです。だからあなたのことを聞かれた時に、面接官が欲しい情報が得られないことがあると、面接官は不審に思い次の選考にあなたを呼ぶことはありません。言語化する能力はそういった意味で必要で、言語化のためのknow-how 本が日本で飛ぶように売れているのはそのせいなのです。

 

面接時間は30分も有りません、しかも自分が面接官に何かを喋れる時間は実質20分もありません。その限られた時間の中で、あなたが今まで経験した膨大な出来事の中から共通項を見つけ出し、端的に言語化し、面接の場にふさわしい答えをハキハキと初対面の人間に対して伝えなければならないのです。そのために自己分析をし、大学生活は多くの人と関わり自分の考えを相手に伝える、対人関係の基礎を作る練習の場なのです。

 

協調性を最重要視する日本企業は、学生の皆さんに集団に属していた時のあなたの役割についてすごく興味があります。ですので、学生の皆さんにはどこかの集団にとりあえず属してみることを強くお勧めします。

 

部活とかサークルですね。その集団の中で自分がなにを感じてきたか、どんな時に喜びを覚えたのか?そういった経験をすることで、自分への理解が進みますし、集団の中でこういった役割をしたという経験を伝えることは、面接官にもあなたが入社した後のイメージを抱きやすくさせてくれますしね。

 

最後に

自分の納得できる就職先を見つける、周りからの意見(ex.親からは大企業に行け!ベンチャーはダメだ!と言われてるしな...)に流されてはいけません。就職活動はあなたの大事な人生のイベントですので、自分の目で見て確かめて、自分で決めてください。あなたが納得をすれば、もう悩む必要はありません。その会社で頑張ってください。

 

実際自分も大学4年生の3月は心が病んでいましたが、入社してからすごく楽しいですし、今の就職先に就職できて本当に良かったなと思っています。

 

結局、就職活動には正解はなく誰も未来は分かりません。だから自分が納得できる就職先を獲得することが一番大事なのです。皆さんの力を必要としている企業は沢山あります、あなたの能力が活かせる場所が見つかることを願っています。

 

今回は、自分の就職活動の経験をもとに、自己分析の重要性と場数を踏むことの重要性について書かせて頂きました。

 

就活生の皆さんのご検討を祈っています。

 

それでは、失礼いたします。

 

長期インターンシップに挑戦してみたいという方は以下に主なインターンサイトのURLを載せてみましたので、興味のあるサイトに登録してみてください。貴方にあったインターン先が見つかることを祈っております。

 

<参考URL>

ゼロワンインターン(オススメ!)

01intern.com

 

JEEK(ジーク)

jeek.jp

 

WANTEDLY 

www.wantedly.com

 

InfrA

www.in-fra.jp

 

キャリアバイト

careerbaito.com

 

 

無い内定を経験した大学生が、営業を体験して理解した就活・採用活動

お疲れ様です。

 

びーのブログにようこそです。

 

今回は学生インターン生として営業を体験し、理解した ”就活とは” について書いていきます。

 

偉そうにしていますが、僕は去年の6月中旬、無い内定で路頭をさまよっておりました。

 

売り手市場にもかかわらず、全く受からなかったですね... 

親には本当に心配をかけてしまいました。 

  

そんな自分が半年間に及ぶ営業インターンシップで、さまざまな社会人とお話をさせていただいた経験から考察した、就職・採用活動について皆さんに知っていただければと思います。

 

f:id:Be-something:20190329022342j:plain

就職活動とは何か?

 

 

就職活動フロー

 

学生から見た就活のフローはこんな感じです。

 

・ネットやOB訪問などで情報収集 

・企業説明会に参加 

・応募する (エントリーシート提出) 

・筆記試験受ける

・面談、面接2~4回

・採用

 

採用活動フロー

 

そして、企業から見た採用活動は以下のフローです。 

 

・情報発信 (展示会や、説明会で学生にアピール)                 

・応募獲得(エントリーシート) 

・足切り筆記試験          

・面談・面接 (お互いの品定め)        

・内定通知                

 

以上から言えること... 

 

就職活動は営業活動に置き換えられ、採用活動はマーケティングに置き換えられる 

 

新卒採用では自分という商品を如何に志望企業に買ってもらうか、導入してもらうかが鍵になります。

 

イメージ的に言うと以下の通りです。

 

・会社や募集要項 (会社のパンフレットなど)   = 商品

・情報発信 (展示会や、説明会)                 = 認知獲得

・応募獲得(エントリーシート)          = リード獲得(有効、無効リード含む) 

・面談・面接 (お互いの品定め)         = 商談

・内定承諾                 = 成約

 

ここで面白いことが起きていることに気づくと思うのですが、採用場面においては両方が「営業=自分の商品売り込み」をしているわけです。

 

これを営業場面で考えると悲惨なもので、お互いがお互いの商品を「何とかして相手に売り込んでやろう」としている場合、まとまる話もまとまりません。

 

この場合、お互いに「相手のメリットになる提案をしよう」と思わなければ、商談=面接自体が成立しないわけです。

 

つまり採用場面においても同様に、志望者と採用企業が互いに「相手のメリットになる提案をしよう」という気持ちで臨まなければ、本来的に有意義な「面接」は行われないのです。

 

ただ、どうもこの辺りが難しくて、どうしても採用となると志望者は「受かるために少しでも良く見せよう」とか「いい条件を引き出してやろう」とか思ってしまいます。

これは就活あるあるですよね。

 

逆に企業は企業(特に大企業)で「見定めてやろう」「採ってやるんだから少しくらい厳しくしてやろう」なんて対応をしてしまい、時々炎上もしたりするのです。これは大企業あるあるですよね、大企業は名前を出しさえすれば勝手に学生が応募してくれますから。

 

新卒採用の場合「自分に何ができるか」もふわっとしており、何が企業側に好印象だったのかよく分からず「なんで受かったかよくわからないけど受かった」といったことが起こるのです。そういった面でも学歴って重要な要素になることが分かります。なにせ面接会場という土俵が用意されるかされないかって根幹的な要素ですから。 

 

このことの是非や改善策を語れるほどではないのですが、「結局就活で何を見られているかわからない」「自分が何をアピールできるのかわからない」といった悩みをどうしても抱えてしまっていて、それは自分の人生を決定する重要イベントにしては勿体無くないですか?と思うのです。

 

面接を営業と重ねて語るなら、やるべきことは「商品理解」=自己分析と「提案先理解」業界分析でしかありません。

 

それはつまり「自己分析」と「業界・企業研究」なのですが、それは別個に行うものではなく、常に行き来しながら深掘りしていくべきものです。

 

なぜなら、提案先のことが分からなければ伝えるべき商品の価値や特徴も分からず、お互いの訴求ポイントが一致しません。また、逆もまた然りです。

 

もちろん、志望者も企業も互いに「見極める」と「受け入れてもらう」の両方を達成しなければならないため、そこには非常に複雑な関係性が生じます。これは単純に営業と顧客との関係には置き換えることはできません。

 

ただし、お互いがきちんとそれを分かっていれば、つまり採用場面とは「互いが互いを見極め、受け入れながら、寄り添える点を見出していく『共創』の複合的なプロセスである」ということを理解していれば、たとえ内定に至らなかったとしても、その採用は「良い採用だった」と言えるのではないかと思うのです。

これで、ミスマッチを防ぐことができるのです。

 

1つ付け足すとすれば、「自己分析」や「採用ブランディングの構築」の時点で「あ、これ(自分や自社)は売れないな、合わないな」ということに気づく場面があるかもしれません。応募者と採用側どちらにも言えることです。

 

人は、周りを通じてしか自分のことを知ることができません。

 

とするならば、採用や面接、マーケティングや営業というものは「自社や自分」を知るための貴重な機会だと言えるかもしれませんね。

 

この記事を書くために私の敬愛する、先輩社員のアドバイスも参考にさせていただきました。改めて感謝いたします。

 

最後に

就活生の皆さん、まずは自分を知ることから始めてくださいね。この自分を知ること、分析することは永遠に終わることはありません、日々変わっていくものです。そして分析の結果、自分が思い描いていた自分と違う... となっても大丈夫です。そんなあなたにマッチする企業様は絶対にありますし、なんなら面接ですぐに分かります。これは採用側も一緒です。面接会場であれ思ってたのと違うと思っても大丈夫です、違う会社を選べば良いのです、ただそう思う時期が早ければ早いほど良いのです、新卒一括採用の日本では、応募の締め切りがありますので、学生の能力とは関係ない企業側の時間の都合で面接の間口が決められている側面があります。これは就活というシステムの問題なのですが。 

 

あなたのことを必要とする企業は必ず存在します。

 

あなたのことを必要とする企業の中からあなたが企業を選ぶのです。

 

ではお疲れ様でした。

 

失礼いたします。 

 

長期インターンシップに挑戦してみたいという方は以下に主なインターンサイトのURLを載せてみましたので、興味のあるサイトに登録してみてください。貴方にあったインターン先が見つかることを祈っております。

 

<参考URL>

ゼロワンインターン(オススメ!)

01intern.com

 

JEEK(ジーク)

jeek.jp

 

WANTEDLY 

www.wantedly.com

 

InfrA

www.in-fra.jp

 

キャリアバイト

careerbaito.com

 

 

内定後インターンシップ 営業は質問力で決まると感じた件

お疲れ様です。

 

びーのブログにようこそです。

 

今回は実際に僕が営業のインターンシップを通して、学生なりに気づいた、

”営業の仕事とは”  

となるものをご紹介します。 

f:id:Be-something:20190303233400p:plain

出来る営業マンとは?

 

 

どのように売るかではない

 営業は相手に自社のサービス・製品を買って欲しいと思っています。ですのでどうしてもテレアポや、商談の際に自社サービスのことばかりを喋ってしまいがちですし、相手とお話しする前に準備段階でも自社サービスのことばかりを勉強し、相手に対しての訴求ポイントばかりを覚え、伝えてしまいます。それでは相手様は心を開いてくれないどころか、逆に反感を買ってしまいます。僕も最初の3ヶ月は自社サービスの紹介ばかりで、全く相手にとって有益な情報をもたらすことはできませんでしたし、成約率も悪かったです。(ガチャ切りも多かったですね... これが結構精神的に応えるんですよね... 大人って大変なんだな....)

ではどうすれば良いのでしょうか。

 

どうしたら顧客の利益を最大化することができるのだろうか?

 アポどりや商談が思うようにうまくいかないなと思う時がありまして、やる気も出ないので、近くにいた上長の商談を盗み聞きしていた時にあることに気づきます。

それは

 

自社サービスの紹介を全くしていない

 

ということです。

むしろ手短な質問と、相槌しかしていませんでした。

気になりましたので上長に思い切って聞いてみると以下の返事が返ってきました。

Be-something: なんで自社サービスの紹介をしないんですか?

 

上長:なんでって、先に相手の課題聞かな自社のサービスの紹介しても意味ないからだー

 

上長:ミーティングで改めて話すわー

 

 

と後に上長からの説明を聞いてみますと、

 

「顧客の利益を最大化し、費用を最小化」するためには、顧客の課題(ニーズ)を詳細に把握し、その課題を顧客自身に自覚して貰わなければならない。

 

 ほんでもって、顧客と電話等で話す目的は「アポを取る」ためでなく「顧客の課題(ニーズ)を把握し、顧客自身に自覚して貰うこと」となる。

 

なるほどなとだから相槌が多かったのかと、相手に現状を話してもらえるようにならないと営業としては信頼されてないのと一緒なのか... 

 

確かに当時の僕は相手がどの業界に属しているのか、世の中の流れの中でその業界の景気はどうなのかというものは全く気にせずに、電話をかけた全員に同じ営業トークを繰り広げてきました。

 

今までの自分を受け止め、実際に自分も上長からのアドバイスを参考にしてみることにしてみました。

 

まずやってみたのは以下のステップです。

 

最適な営業のための下調べ

1.相手先を調べる

 これは相手の企業名が判明している時に限るのですが、Googleで相手の企業名を調べ、業界や、やっている事業などを念入りに調べます。 

 

2.他社の導入事例を参考にする

 弊社サービスを導入している、同業種の企業様の成功体験などを参考に、サービスの説明が終わった後、クロージングとして他社の導入事例をお伝えします。これによって相手様も導入後のイメージがつきやすくなり、とりあえず1ヶ月だけでも試してみるかという気になってくださる可能性が高まります。

 

 

 実際に以上のアドバイスを参考にして、相手様の利益になるように、お時間取っていただいたお客様に対して一秒も無駄にさせないぞ!という気持ちで望むようになると、以前のような 

 

弊社サービス使いやすいでしょ? 買ってくださいよ! 

 

みたいな、自分本位のゴリ押し営業ではなくなりました

(実際にmiitelで自分の営業トークをセールチームで共有した時も、そういったフィードバックを頂きました) 

 

営業は相手の事を下調べすることから始まりますが、ではそれからどのように質問に繋げていけば良いのでしょうか? 

 

スキルセット(具体的にどのように質問したら良いのか)

課題(ニーズ) には、

①顕在

②潜在

の2種類があり、顕在ニーズを確認するのは比較的容易です。

 

まず、相手が抱えている課題や問題には顕在化しているものと、潜在的なものがあり、後者の潜在的な課題や問題に気づいてもらい、弊社サービスがどのようにお役立ていただけるかをアピールします。

 

そのためのフローとして以下のステップを踏むことで、ほぼ間違いなく潜在ニーズを確認することができます。

 

まず、電話をかける際に

A)自社がどんなサービスを提供しているか端的に述べる

B)もしかしたら、顧客が抱えている課題を解決できるかもしれないので課題を教えて欲しいと頼む。

C)例えば、こんな課題があるのではないかと例示する(事前に仮説を立てておく)

 

以上の3つのステップを踏みます... 

 

例えば例にして表しますと、

Ex.1 

Question: 今どのようなサービスをお使いですか?

ooさんですね、ということは一件あたりのコストが高くなると思いますので、営業の費用対効果は低くなってしまいますよね?

→弊社サービスは月額oo万円からございますので、費用対効果の面からすると高いかと思われます。

 

Ex.2 

(ヒアリング結果をもとに)

oo業界を相手になさっているということは、綿密な情報が求められますよね。

→ということは弊社のサービスの詳細な情報がお役立ていただけるかと思います。

といった風に相手に合わせて弊社サービスの訴求ポイントを見定めます。

 

(ちなみに銀行などの経営情報の収集を目的にされているお客様に対しては、正直に弊社では力不足ですとお伝えさせていただいております、そこは正直にしないと、不誠実ですしね。もっと成約につながる商談に力を使うべきです。) 

 

問題は潜在ニーズを見つけ出し、それを顧客に認識させるための質問。

そのプロセスは以下の2ステップです。

 

A)見込み客から潜在ニーズを聞き出す「発見のための質問」

B)潜在ニーズの大きさを顧客自身に認識させるための「発展のための質問」

(必ず定量情報を含める)

 

A)の質問は基本的には相手の状況をヒアリングするところから始まります。

 

B)そして次の潜在意識を相手に発見してもらうのは非常に難しいです。そこで営業の手腕が問われます。

ヒアリングした情報を元に他社事例もまじ入れつつ、相手の状況と弊社サービスが合わさればどのように課題が改善されるのかを伝えます。

その場でご導入いただけるかの返事は書かなくても大丈夫です。あとはマーケティングチームに任せましょう。ナーチャリングを通してまた有効リードにしてくれますよ、そしてあなたのアピールポイントが相手に刺さればきっと導入してくださるはずです。

 

まだまだ未熟者ですが、信頼される社会人とはなんぞや?というのを営業をとおして自問自答する日々です。

 

改めまして、上長のアドバイスを書いておきます。

相手の顕在と潜在の課題を意識すると、自然と「相手に寄り添う姿勢」が生まれ質問の仕方も変わる。まずは、マインドセットを変えることを徹底する。この2点を意識するだけで、営業力は自分でも実感できるほど劇的に向上する

 

もう一つ上長からのアドバイスを載せておきます。

 

営業力は、マインドセットで8割方決まるといっても過言ではない。

 

この言葉は肝に銘じさせていただき、社会人になっても相手の利益を考え行動できる社会人になります。

 

失礼致します。

 

 

参考URL: トップ営業マンとダメ営業マン

https://diamond.jp/articles/-/169399

 

長期インターンシップに挑戦してみたいという方は以下に主なインターンサイトのURLを載せてみましたので、興味のあるサイトに登録してみてください。貴方にあったインターン先が見つかることを祈っております。

 

<参考URL>

ゼロワンインターン(オススメ!)

01intern.com

 

JEEK(ジーク)

jeek.jp

 

WANTEDLY 

www.wantedly.com

 

InfrA

www.in-fra.jp

 

キャリアバイト

careerbaito.com

 

 

 

 

 

今注目されているインサイドセールスについてご紹介します。

お疲れ様です。

 

びーのブログにようこそです。

   

さていきなりですが、皆さんはインサイドセールスという言葉を聞いたことがあるでしょうか?

 

お客さんの場所まで足を使って直接会いに行き、信頼関係を構築するこれまで日本式営業とは異なる営業手法で、今まで行われてきた直接営業の一部または全てを、オフィスの中で実施するというスタイルで今、営業業界界隈で注目を集めています。

 

今回は自分がインターン先で行なっております、インサイドセールスについてご紹介していきます。

f:id:Be-something:20190311200509p:plain

インサイドセールスとは?

 

インサイドセールとは?

 営業というと営業マンが地道にお客様の元に直接会い、そこから信頼関係を構築していくというイメージが一般的だと思います。しかし、その方法ですと営業のプロセス (アポどり→商談→成約) が非常に長くかつ、膨大なコストがかかってしまします。このように古くから日本で採用されてきた営業手法は ”フィールドセールス”と呼ばれています。一方で、インサイドセールではよりターゲットされた潜在顧客に対してアポどりを行い、実際にアポが取れた案件をフィールドセールスの人に渡すor実際にオンライン上で商談をし、成約まで持っていくという、これまでの日本にはなかった営業のスタイルです。 

 

インサイドセールスに関しては水嶋玲以仁さんが書かれた本が参考になるかと思いますので、ぜひチェックしてみてください。多くの方がレビューされておられます。

参考URL: インサイドセールス 究極の営業術

 

 この本は今までのフィールドセールスに変わる手段としてインサイドセールを紹介し、実際に商談獲得数が倍増した組織作りについて詳細に記載されています。この本を参考に組織作りをすれば商談数が倍増し、定時帰宅できる組織作りができるかもしれませんね。また、営業に掛かる時間を削減しする事で、知識を共有する時間ができるのでトップ営業マンのノウハウなども学ぶ時間を作り出すことができ、結果的に全体の営業成績が向上するのです。

 

インサイドセールスが広まりつつある理由

  インサイドセールスはもともと国土がとても広いアメリカ合衆国で生まれました。国土が広い=飛行機移動=コストと時間がかかってしまうという理由で、インサイドセールスが必然的に広まりました。一方で日本では狭い国土の上に、交通網が素晴らしいほど整備されておりますので、移動に時間をかける必要がありません。

(日本国では2大経済都市である東京〜大阪が、新幹線で2時間半で移動できますが、ニューヨークとロサンゼルスは飛行機で6時間以上かかってしまいます) 

 

さらに、"直接人と会って信頼関係を築くんだ!”という日本独特の習慣も根強く残っていますし、そういった考えの方々が上長として営業部隊の権限を持っているので、古いスタイルが時代の変化にも関わらず蔓延ってしまっています。しかし、昨今の人手不足や働き方改革などで、膨大な時間を必要とする、「足で稼ぐ営業」のあり方が問われており、この流れの中でインサイドセールスが注目されているという訳です。

 

また、オンライン上での営業活動のメリットとして、営業マンのセールストークが音声として記録できると言う点にあります。同じ営業をしていても営業成績に開きがついてしまうのは世の常です、できれば自分が営業をしている時の話し方を分析し、営業成績の良い人と比較することで、学習することが出来るのですが、訪問営業では先輩社員と一緒に先方に付いていかなければならず、会社としては大変費用がかかってしまい、規模の小さい事業所では大きな負担となってしまいます。

 

一方のインサイドセールスでは営業は全てオンライン上で実施しますので、音声記録が残り、その記録はストックされます。ですので空き時間などに自分の営業をしている時にうまくいかなかった時の音声記録と、成約までたどり着いた時の音声記録、または営業成績の良い人の音声記録を聞き比べをすることで、

 

「なるほどこのやり方だと話が繋がらないんだな、ooさんと自分の違いはここなのか、次はこう話してみよう」

 

と日々学習、検証することができるので、営業成績の良い人のナレッジが全営業部隊に共有することができ、結果として全体の営業成績が向上するのです。情報共有が容易になることで組織の成長スピードを向上させることが出来る、これも今インサイドセールスが広まりつつある理由です。

 

アポどり集団とは違うのか?

  従来のアポどりは、いわば数打ちゃ当たる戦法で営業先のアタックをかけるのですが、多くは玉砕されます。それではせっかく高い宣伝費をかけて求人募集をかけても人材は集まりませんし、そのまま入社しても営業メンバーの士気も下がってしまします。インサイドセールスではある程度自社のサービス・商材に興味を持っている人たちにアプローチをします。つまり、前行程であるマーケティング部と後行程であるフィールドセールスの橋渡し役として機能するのです。これは今までの日本式営業にはなかった機能です。

 

また、インサイドセールスの強みとしてこれまではフィールドワークが担ってきた、顧客との商談もオフィスで完結してしまうという点です。これであれば訪問先の見込み顧客の方の時間を無駄に取らせてしまう事はありませんし、せっかく訪問したのにも関わらずいざ話してみルト、先方との情報のミスマッチが起こってしまい、入り口からお互いの認識がずれていると言う最悪なケースでも、オンライン上では「大変申し訳ございません、それでは失礼いたします」の一言で、直ぐに退散することもできます。

 

そのためのツールとしてベルフェイスというサービスが大変便利です。このサービスに関しての紹介記事も書いてみましたので、興味のある方は是非確認してみてください。

www.be-something.net

 

最後に

実際にインサイドセールスを体験して、いろいろ思うことがあります。実際に就職活動をしていた際の "営業職" というイメージとは正直かけ離れてますので。

 

マーケティング部とフィールドセールスの組織がきちんと機能していないと、インサイドセールスを導入するのは難しいですし、逆に今までガチガチのフィールド営業体制を敷いてきた会社にインサイドセール部隊を導入するのは、正直難しい部分があるのかなと感じてしまいます。相手があっての営業ですから、先方からインサイドセールに対する理解を求めることもまだまだ必要ですので、普及にはまだまだ時間がかかります。日本の営業部全体でインサイドセールの導入率が高まれば、この形態を導入する企業が増え、お互いwin-winな関係が構築できます。

 

日本の営業部にスマートな選択肢が増えることを願っています。 

 

では!

 

失礼致します。 

 

長期インターンシップに挑戦してみたいという方は以下に主なインターンサイトのURLを載せてみましたので、興味のあるサイトに登録してみてください。貴方にあったインターン先が見つかることを祈っております。

 

<参考URL>

ゼロワンインターン(オススメ!)

01intern.com

 

JEEK(ジーク)

jeek.jp

 

WANTEDLY 

www.wantedly.com

 

InfrA

www.in-fra.jp

 

キャリアバイト

careerbaito.com

 

 

内定後インターンシップ 〜初商談編〜

お疲れ様です。

 

びーのブログにようこそです。

 

今回はインサイドセールスマンとして初めての商談について綴ってまいります。

インサイドセールなのに商談もするの?と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、僕が働いているインターン先ではインサイドセールスがクロージングまでもしてしまうという欲張りな体制なのです笑 

実際に商談の流れを見ていきましょう。

 

f:id:Be-something:20190329022927j:plain

商談は緊張しますよ...

 

 

アポどり

もちろんですが、商談に持っていくにはアポどりと言われるものをしなくてはなりません笑 断られることの方が断然多いですので断られても無の境地になるまで電話しましょう。

日程調整

アポが取れたら日程調整です。インターン先ではyoucanbookme というアプリをGoogleカレンダーと連動させております。自分の時間がダメでも、他の人の予定が空いて入れば、無断でGoogleカレンダーに商談を入れてしまうということもよくあります笑 その逆も然りなので、そこはお互い様ということで。

ヒアリング

 約束の時間に電話をかけます。実際の商談ではまず、相手が抱えている課題や現状を確認するために以下のことをヒアリングしています。

  • 現在のターゲット
  • 商材・サービス
  • 営業手法
  • 営業人数
  • 課題・問題点、ニーズ
  • 必要な情報、絞り込み軸
  • 導入時期

これは相手の課題に対して、いかに自社サービスがお役立ていただけるのかをお伝えするためのもので、特にどの機能をセールスポイントとしてアピールするかの選定にも役立ちます。

 

サービスの概要説明

機能説明の前にまずはサービスの概要をお客様にご紹介します。具体的には他社サービスとの比較、導入事例などです。このご案内によって弊社サービスの強みや立ち位置を知ってもらいます。

機能説明

実際にサービスをご紹介します。弊社はベルフェイスというオンラインサービスを用いて、自分が展開している画面を相手のパソコンに展開させて説明します。この画面は相手も操作できますので、ただ聞いているだけの商談にはならないのがメリットです。

質疑応答

機能説明が終了すると操作上の質問やその他の疑問点を伺います。時々無理矢理にでも質問をしようとする人もいらっしゃいますが、その時はこちから話を切り上げるようにしましょう。でないとお互いの時間が無駄になってしまいます。 

料金プラン紹介

一通りの質疑応答が終わった後、料金プランのご案内に移ります。決してごり押ししないように、あくまでも相手の状況に合わせた適切な料金プランをお勧めします。

質疑応答(必要に応じて) 

最後に疑問点や導入にあたってのボトルネックを聞き出します。特に商談中あまり質問をされなかった方には入念に”質問や疑問点はございませんか”と聞きます。中には遠慮がちなお客様もおられますので😎

商談後メール

商談が終わればメールを送信します、内容は商談のお礼です。もちろん、商談の中で稟議書の話まで行けたお客様には稟議書の雛形も送信させていただいております。この層は超絶有効リードと言えますね!

終わりに

インターン生の業務として商談は最重要任務です。相手のニーズと自社のサービスの相関性をアピールするのは非常に難しいことですが、その分成約していただいた際の喜びは半端ではありませんよ笑 これは半年前の自分では考えられなかったことです!

 

ちなみに、弊社では商談にベルフェイスというオンラインサービスを用いて商談をしています。このサービスは本当に便利で且つ使いやすいです。

ゆくゆくはオンライン商談サービスである、ベルフェイスについてもレビューできればと思っています。

 

では!

 

失礼致します。

 

長期インターンシップに挑戦してみたいという方は以下に主なインターンサイトのURLを載せてみましたので、興味のあるサイトに登録してみてください。貴方にあったインターン先が見つかることを祈っております。

 

<参考URL>

ゼロワンインターン(オススメ!)

01intern.com

 

JEEK(ジーク)

jeek.jp

 

WANTEDLY 

www.wantedly.com

 

InfrA

www.in-fra.jp

 

キャリアバイト

careerbaito.com